家を売るのに必要な書類は?準備しておいた方が良い事

一生のうちに家を売るという行為は、そうそう何度も経験するものではありませんから、売却時にどういった書類が必要となるのか?よくわからないというケースも多いかと思います。

もちろん不動産業者に売却を依頼する際に、必要な書類について説明を受けることになりますが、状況によってはすぐに用意することが難しい書類もありますし、事前に知っておくことで、いざその時にバタバタしなくて済みます。

仲介による売却で媒介契約を結んでの取引の場合、

・不動産業者に売却依頼をする際
・購入者が決まり物件引渡しの際

この二つのタイミングごとに必要となる書類があります。

不動産屋で売却依頼をする際に必要となる書類

  1. ・登記簿謄本(登記事項証明書)
  2. ・重要事項説明書
  3. ・売買契約書
  4. ・固定資産税納税通知書/固定資産税評価証明書
  5. ・図面、設備の仕様書

登記簿謄本(登記事項証明書)
土地および建物の権利に関する事項が記載された書類で、郵送での取得のほか、管轄する法務局まで足を運んで取得する方法や、不動産登記情報サービスで取得する方法の三つがあります。

重要事項説明書
物件、契約などについての重要事項(告知事項)などが記載されているもので、購入した際に受け取っている書類です。

売買契約書
重要事項説明書と同様に、物件購入時に取り交した契約書です。契約についての特約などがあれば記載されています。

固定資産税納税通知書/固定資産税評価証明書
毎年1月1日の時点の所有者に対して課税される固定資産税の税額を、証明する書類と納税額が記載された書類です。

図面、設備の仕様書
物件の間取りや、設備などについての仕様書です。

これらの書類のほか、一戸建かマンションなどの集合住宅かによって、必要となる書類があります。

一戸建の場合

境界確認書、土地測量図
売却する土地(敷地)の境界線と、それに基づく正確な土地面積が記載された書類です。 隣接する土地との境界線がはっきりとしていない場合には、所有者との話し合いが必要となってきます。

マンションなどの集合住宅の場合

規約や維持・管理費等についての書類
集合住宅においては規約や維持費、管理費、修繕積立金などが決められているケースがほとんどです。

こういった書類を売却を依頼する不動産業者に提出することが、業者が売却活動をするために必要となってきます。

物件引渡しの際に必要となる書類

めでたく購入者が決定して、物件引渡しのタイミングには以下の書類が必要となります。

  1. ・身分証明書
  2. ・実印
  3. ・印鑑証明書(3ヶ月以内に発行したもの)
  4. ・住民票(3ヶ月以内に発行したもの)
  5. ・銀行口座通帳(売却代金の振り込み先として)
  6. ・登記済権利証
  7. ・抵当権抹消書類
  8. ・建築確認済証、検査済証、建築設計書、工事記録書
  9. ・ローン残高証明書

身分証明書は免許証やパスポートなど、一般に本人確認書類として利用できるものが理想的です。

特に重要なのは登記済権利証で、売主がその不動産の所有者であることを証明する書類です。一般的には「権利証」や「権利書」などとも呼ばれているものです。2005年以前には登記済権利証という名称でしたが、2005年以降には登記識別情報という名称の書類となっています。

抵当権抹消書類は、住宅ローンを利用して購入した場合、借入れ先が物件を抵当権に設定していて完済時に抹消されるわけですが、これを証明できる書類となります。またローン残高証明書は、ローン返済中の場合のみ必要となり、借入れ先の金融機関に依頼して発行することになります。

買取での売却の場合には?

不動産業者の即日での買取の場合には、売却依頼と引き渡しの手続きが同じタイミングになりますので、上記の二つのタイミングで必要となる書類が、一度に必要となってきます。

まとめ

このように家を売るには、さまざまな書類が必要となります。 ものによっては取得や準備にある程度時間がかかる場合もありますから、スムーズな売却を望むのであれば、事前に準備しておくのも良いでしょう。